運転手に未来はあるのか。AIやロボットと共存する術とは

運転手に未来はあるのか。AIやロボットと共存する術とは

様々なものが自動化・IT化される中で、タクシー会社やバス会社も例外ではありません。

自動運転などの技術が発展しており、令和の時代には自動運転が一般的になるかもしれません。

そうなると、今運転手として生計を立てている人々はどうなってしまうのでしょうか。

もちろん、すぐにAIやロボットに取って代わられることはないでしょう。

しかしながら未来を考えてみるとあまり悠長なことは言えません。

様々な国や企業で、自動運転に関する研究がなされており、実際に走行実験をしているところもあります。

それでは、自動運転に頼るメリットはどのようなものがあるでしょうか。

人であれば、誤って事故を引き起こしてしまうこともありますが、AIなどの先端技術であれば人を認識して止まる事も出来ますので、今後自動運転を取り入れるタクシー会社やバス会社もあるでしょう。

また、人間であれば疲労が溜まりますので、一定以上の距離を走行した後には休息が必要です。

しかしAIやロボットであれば休息をとる必要もなく、人件費もかからなければ効率よく人を運ぶことができます。

 
AIやロボットをサポートする体制を整える

AIやロボットをサポートする体制を整える

もちろん、AIやロボットを使用することによるデメリットももちろんあります。

例えば人とのコミュニケーションを取ることが好きなお客様であれば、AIやロボットなどの淡々とした接客には少し不満を持つ人もいるかもしれません。

最近ではコミュニケーションをとることのできるAIやロボットも増えてきてはいるものの、やはり人と人とのコミュニケーションを大切にする人もいます。

今後のIT革命によりどうなるかは分かりませんが、運転手が人であるということを重要視する人も一定数いるのではないか、と考えられます。

AIやロボットに運輸を委託するにしても、やはりそのメンテナンスをするのは人です。

また、ロボットやAIが必ずしもミスをしない、壊れないとは限りません。

いついかなる時にもサポートができる体制を人間が担う必要はあります。

今のままAIやロボットが発展を遂げたならば、様々な場面で自動化がなされると考えられます。

そのため、今のうちに人間にしか出来ない仕事を探しておかなくてはなりません。

運転手という職業は現在なり手が少ないなどの問題を抱えていますが、今後自動運転が実施されるようになればその問題は解決されるでしょう。

しかし、現在運転手として従事している人は、今のうちに将来どうするのかを考えておいた方が良いかもしれません。

人気記事

  1. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  2. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  3. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  4. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  5. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  6. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  7. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  8. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  9. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  10. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

特集記事

  1. 運転手はインバウンドの恩恵を受けることができるのか。今から始めるスキルアップ術
  2. タクシードライバーVSウーバー!大切なことは業界か消費者どちらか
  3. ドライバーとして知っておきたい法律を学びましょう。
PAGE TOP