トラック運転手がテクノロジーを駆使して仕事を変える方法や使えるアプリを紹介

トラック運転手がテクノロジーを駆使して仕事を変える方法や使えるアプリを紹介

トラック運転手がテクノロジーを駆使して仕事を変える方法として、携帯のアプリがあります。

今や誰もが一台は携帯を持っていると言っても過言ではありません。

それは令和の時代を迎えるに当たっても変わりません。

特にたくさんのアプリが無料でダウンロードできるので、これを利用しない手は無いのです。

具体的なアプリとしてはGoogleMapが挙げられます。

これまではプロのドライバーのスキルに頼ることがほとんどだったのが、GoogleMapを使用することによって、航空写真で初めて気づくことがあります。

手っ取り早く使用できる目的として、最短ルートの確認が出来ます。

上からだとまるでナビを見ているかのような感覚で非常に分かりやすいです。

ナビだといちいち場所をスライドした後に動かさなければなりませんが、スマホの画面なら余計なボタンを押さずとも縮尺の変化や、目的地周辺の地図などが一瞬で把握できます。

これからの時代、スマホのアプリを如何に上手に使いこなすかが大切になります。

 
スマホ1つで出来るアルコールチェックアプリ

スマホ1つで出来るアルコールチェックアプリ

また、厳罰化の波がトラック運転手にも来ています。

今や飲酒運転チェックや居眠り防止などの機能をアプリによって代替できるようになりました。

粋をスマホのある場所に吹きかけるだけで、アルコールチェックが出来ます。

絶対大丈夫という意識だけでは、警察のチェックをクリアすることは難しいでしょう。

もちろん不摂生な生活習慣は問題外ですが、上司や同僚との付き合いで深酒してしまった次の日に出勤となれば、運転して大丈夫か気になるところです。

アプリを使う利点として、人のチェックが不要という点です。

自宅からの出発ならまだしも、休憩所から仕事をするのであれば、一人でアルコールチェックするほかありません。

そんな時に客観的な判断を下してくれるので安心して運転できるのです。

また、居眠り運転もトラック運転手にとって切っても切り離せない重要な問題です。

いくら気をつけていても、突然襲ってくる睡魔は防ぎようがありません。

アプリをあらかじめダウンロードしておけば、睡魔が襲ってこようが安心して運転に集中できます。

高速道路にありがちな振動をスマホが不定期でしてくれるので、バッチリ目が覚めた状態でハンドルを握ることが可能となります。

これからの時代、安全に運転することがトラック運転手に更に求められます。

機械の力を借りて少しでも日々の負担が和らぐのであれば、それに超したことはありませんので、しっかり使いこなします。

人気記事

  1. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  2. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  3. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  4. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  5. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  6. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  7. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  8. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  9. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  10. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

特集記事

  1. タクシードライバーVSウーバー!大切なことは業界か消費者どちらか
  2. 運転手のマッチング、派遣サービスのおすすめはどれか
  3. 運転手に未来はあるのか。AIやロボットと共存する術とは
PAGE TOP