運転手の眠気覚ましに最適!その場で出来る目が覚める方法

運転手の眠気覚ましに最適!その場で出来る目が覚める方法

仕事中や旅行時など、車の運転中に眠気に襲われたという人は少なくありません。

特に車の運転を職業としている人達にとって、この問題は非常に大きな悩みとなっています。

この悩みを解決するために最適な方法が3つあります。

1つ目はカフェインを摂取することです。

眠気覚ましの代表アイテムとして知られているカフェインですが、これには脳を覚醒させて集中力を高める効果があります。

カフェインの含まれている緑茶やコーヒー、ココア、エナジードリンクなどを効率良く摂取すると眠気を覚ますことが可能です。

この他にカフェイン濃度の濃いタブレットや錠剤を活用する方法もあります。

しかし、これらはカフェインが多く含まれており、時に体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

そのため、過度の服用は注意が必要です。

2つ目はチョコレートやガムを食べることです。

食べ物を「噛む」という行為には、脳を刺激する作用があります。

その上この2つの食べ物は口に入れてもすぐになくならず、しばらく噛むことが出来ます。

特におすすめなのは、カフェインを含むミント系のガムや覚醒作用のあるテオブロミンを含んだダークチョコレートです。

お気に入りの食べ物を見つけて鞄に入れておけば、いつでも眠気覚ましとして活用できます。

 

身近な冷却シートで副交感神経の働きを抑制

身近な冷却シートで副交感神経の働きを抑制

3つ目は眠気対策グッズを使用することです。

冷却シートを使用して体を冷やすと、体をリラックスさせる副交感神経の働きを抑制することに繋がります。

そのため、即効性のある眠気対策となるのです。

シートを足の付け根や首筋、わきの下などの太い血管が通っている場所に貼ると目が覚めてより効果的を実感できます。

また刺激の強いクール系の目薬を使用すると、スッキリ感で眠気を感じにくくなります。

この他にメントール配合の制汗剤や化粧水を首や腕などに使用すると、爽快感によって眠気が吹き飛ばされるのです。

この他にユーカリやレモン、ジュニパーなどのアロマオイルも良いです。

これらには神経を刺激して眠気を覚ます効果があります。

数滴のアロマオイルと精製水をスプレーボトルに入れて持ち歩けば、眠気覚ましをしたい時にいつでも使用可能です。

時にはハンドクリームに混ぜて使用する方法もあります。

これらの方法は運転手の人達が取り入れやすく、平成から令和になっても変わらない眠気覚ましの方法です。

自動運転やAIなどの存在が活発化している令和の時代だからこそ、運転手はテクノロジーに負けない安全さを第一に運転する必要があります。

人気記事

  1. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  2. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  3. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  4. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  5. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  6. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  7. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  8. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  9. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  10. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

特集記事

  1. 運転手に未来はあるのか。AIやロボットと共存する術とは
  2. タクシードライバーVSウーバー!大切なことは業界か消費者どちらか
  3. 運転手という職業でプロになるために使える人生の法則

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    今までの想定を超える地震やゲリラ豪雨が発生している日本。非常用発電機の重要性が高まっています。非常事態に備えて定期的なメンテナンスを行いましょう。ご依頼はTECまでお気軽に。

    tec-jp.com/

PAGE TOP