運転手という職業でプロになるために使える人生の法則

運転手という職業でプロになるために使える人生の法則

「運転手」と言ってもその職種は様々です。

例えばタクシードライバーやトラックの運転手、宅配便やネットスーパーの配送系など、車の運転をするお仕事は世の中にたくさんあります。

今回は、数多くある運転手という職業でプロを目指していく方への人生の法則をご紹介していきます。

まず、運転手のお仕事でもっとも大切なことは「常に健康体でいること」です。

運転系のお仕事は体を使う機会が多く、体力勝負な場面がかなり多くあります。

タクシードライバーの方だと、1日の勤務時間が通常のお仕事よりも長い会社が多いです。

1日の勤務時間が20時間であるのが基本、というところも少なくありません。

もちろん休憩もありますが、20時間無事故で働く体力が絶対的に必要になってきます。

また、宅配便のお仕事の場合だとエリアにもよりますが団地が多いエリアなどを担当すると1日何十回も団地の階段を上り下りすることになるため、勤務時間は平均的でもかなり体を使ったお仕事になります。

これが健康な状態なら問題ないという方でも、病気や怪我をしてしまうと一切お仕事が出来なくなってしまう状況になってしまうことも大いにあるため、デスクワークのお仕事以上に健康面には気を付けなければならない職業と言っても過言ではありません。

 

体調管理と言う絶対的な法則に自分なりの法則をプラス

体調管理と言う絶対的な法則に自分なりの法則をプラス

プロになるためにはまず自身の健康管理をしっかり行えることが一番の法則です。

また、運転手のお仕事は車に乗り込むとそのあとは単独で業務をすることがほとんど。

自分一人で行う仕事は気楽ですが、何かのトラブルが起きてしまった時に自分で対処しなければならないことも多くなってきます。

運転手にとって一番のトラブルは事故です。

物損事故ならまだしも、誰かを巻き込んでしまった人身事故などを起こしてしまった場合は早急に適切な対処を行えなければなりません。

そういった時に慌てず、冷静になれることはとても大切です。

何が起きても自分自身で対応できるようにしておくことも、運転手のお仕事をする際に必要なことではないでしょうか。

令和という新時代が始まり、オリンピック開催も迫ってきている中、運転手というお仕事は更に世の中に必要とされてきます。

運転しながらラジオや好きな音楽を聴けるのは運転手の特権で、そういった部分を楽しむことが出来ると仕事のやりがいもさらに増すのかもしれません。

自分自身も楽しみながらプロとしてしっかりとお仕事ができるよう、自分だけの人生の法則を作っておくといいかもしれません。

人気記事

  1. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  2. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  3. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  4. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  5. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  6. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  7. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  8. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  9. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  10. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

特集記事

  1. タクシードライバーVSウーバー!大切なことは業界か消費者どちらか
  2. 運転手という職業でプロになるために使える人生の法則
  3. 運転手の眠気覚ましに最適!その場で出来る目が覚める方法

関連リンク

  • カーテン

    カーテンの事はカーテン専門店に聞きませんか?お部屋の印象をガラッと変えることができるカーテン。でも、カーテンの丈や幅が窓枠にアンマッチしているとかっこ悪くなりますよね。だからカーテンの丈と幅がジャストサイズじゃないと意味がありません。そのためにはカーテンを買う前の測り方が必要です。カーテン専門店のインズではカーテンの測り方を徹底解説しています。

    www.inns.jp/

PAGE TOP