データサイエンティストのボーナスはいくら?年に何回ぐらい?

令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

令和の時代に入り、日本政府はAIの人材を育成する方針を打ち出し、膨大なデータの分析や解析をもとに、企業や団体が抱えている問題を合理的に解決するための策をまとめ、意思決定者を支援する「データサイエンティスト」の仕事はますます注目されるようになることが予想されます。

もし、これからデータサイエンティストを目指したい場合、気になる点の一つといえば収入に関することですが、実際にデータサイエンティストがいる会社では通常の給与とは別にボーナスを年に2回支給しているところが多いです。

ボーナスの金額は安いところで給与のおおよそ2ヶ月分、40~60万円程度ですが、高いところだと4~5ヶ月分、金額にすると200万円近く支払われています。

データサイエンティストの仕事をしている人の多くは、一般企業のサラリーマンと同等かそれ以上のボーナスを得ているといえるでしょう。

人気記事

  1. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  2. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  3. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  4. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  5. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  6. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  7. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  8. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  9. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」
  10. 令和時代5~10年後に求められるドライバーなどの職業情報「令和ーク」

特集記事

  1. 運転手はインバウンドの恩恵を受けることができるのか。今から始めるスキルアップ術
  2. 運転手という職業でプロになるために使える人生の法則
  3. トラック運転手がテクノロジーを駆使して仕事を変える方法や使えるアプリを紹介
PAGE TOP